特定技能の試験日程|製造業・農業・ビルクリーニング・飲食料品製造業

技能試験 外国人雇用

この記事では、特定技能の試験(製造業・農業・ビルクリーニング・飲食料品製造業)について、試験日程や試験内容を掲載しています。

特定技能については「初めての特定技能入門」でわかりやすく解説しています。

共通の受験資格

始めに特定技能の技能試験を受験する為の、共通の受験資格をご紹介します。

受験資格

基本的に17歳以上であれば受験できます。

受験できない人

以下の方は受験できません。

国内で試験を実施する場合、①退学・除籍処分となった留学生②失踪した技能実習生③在留資格特定活動(難民認定申請)により在留する者④在留資格技能実習による実習中の者

技能試験と日本語試験の詳しい解説はコチラ!

製造業

協議会の加入方法と登録支援機関の加入義務はコチラ

特定技能制度では、以下の3つの分野をまとめて「製造3分野」と呼びます

  1. 素形材産業
  2. 産業機械製造業
  3. 電器・電子情報関連産業

上記3分野の技能試験は「共通の試験」となっており、以下の「19の試験区分」に分かれています。

  1. 鋳造
  2. 鍛造
  3. ダイカスト
  4. 機械加工
  5. 金属プレス加工
  6. 鉄工
  7. 工場板金
  8. めっき
  9. アルミニウム陽極酸化処理
  10. 仕上げ
  11. 機械検査
  12. 機械保全
  13. 電子機器組立て
  14. 電気機器組立て
  15. プリント配線板製造
  16. プラスチック成形
  17. 塗装
  18. 溶接
  19. 工業包装

例えば1の「鋳造」の仕事をする為には、「鋳造」の技能試験に合格する必要があります。つまり、仮に「溶接」の技能試験に合格しても、「鋳造」の仕事はできないということです。

製造3分野の技能試験のことを、「製造分野特定技能1号評価試験」といいます。

製造分野特定技能1号評価試験の日程や開催場所

試験名製造分野特定技能1号評価試験
実施場所ベトナム・中国・フィリピン
インドネシア・タイ
試験言語主に現地語を予定
実施方法学科試験・実技試験
所管省庁経済産業省
実施時期年1回程度(2019年度内)

製造業3分野の試験は2019年度内には実施される予定ですが、日程の詳細などは現状決まっていません。経済産業省のHPに詳細情報がアップされ次第、この記事にも日程等の詳細情報を追記していく予定です。

農業

協議会の加入方法と登録支援機関の加入義務はコチラ

農業分野の技能試験は、「耕種農業」と「畜産農業」の2種類の試験に分かれます。

耕種農業」の試験に合格すると、栽培管理・農産物の集出荷・選別等の業務に従事できます。
畜産農業」の試験に合格すると、飼育管理・畜産物の集出荷・選別等の業務に従事できます。

農業の技能試験のことを、「農業技能測定試験」といいます。

農業技能測定試験の日程や開催場所

試験名農業技能測定試験
実施場所中国・ベトナム・フィリピン
インドネシア・カンボジア
タイ・ミャンマー
試験言語主に現地語を予定
実施方法学科試験・実技試験
所管省庁農林水産省
試験実施団体(一社)全国農業会議所
実施時期2019年度内に実施予定

農業分野の試験は2019年度内には実施される予定ですが、日程の詳細などは現状決まっていません。農林水産省のHPや、技能試験の実施団体である(一社)全国農業会議所のHPに詳細情報がアップされ次第、この記事にも日程等の詳細情報を追記していく予定です。

ビルクリーニング

協議会の加入方法と登録支援機関の加入義務はコチラ

ビルクリーニング分野の技能試験は1種類だけで、「ビルクリーニング分野特定技能1号評価試験」といいます。

試験は日本語(漢字にひらがなルビあり)での実技試験で、課題は次の2種類があります。

判断試験

判断試験は、写真やイラストなどを見て判断する内容で、配点は40点あります。

作業試験

作業試験は、①床面の定期清掃作業②ガラス面の定期洗浄作業③洋式大便器の日常清掃作業の3つがらり、配点は60点あります。

制限時間と合否基準

判断試験は択一法17問で制限時間20分、作業試験は全て通して12分が制限時間となります。※作業試験は10分を超えると減点になります。

合否基準は、判断試験が満点の60%以上、かつ、作業試験の点数が満点の60%以上で合格となります。

日程や開催場所

実施場所東京都・愛知県・大阪府
広島県・福岡県
試験言語日本語
実施方法実技試験
所管省庁厚生労働省
試験実施団体(公社)全国ビルメンテナンス協会
受験手数料2,000円
合格証発行手数料13,000円
実施時期11/1~12/6

※試験の詳細や日程の詳細は、(公社)全国ビルメンテナンス協会のHPでご覧いただけます。

飲食料品製造業

協議会の加入方法と登録支援機関の加入義務はコチラ

飲食料品製造業の技能試験は「飲食料品製造業特定技能1号技能測定試験」といいます。

試験は、HACCPに沿った衛生管理に対応しながら、飲食料品(酒類を除く)の製造・加工の業務を行うために必要な能力があるかを確認する試験です。試験の詳細は以下の通りです。

試験言語日本語
実施方法ペーパーテスト
試験問題40問
試験時間80分間
合格基準満点の65%以上
受験料8,000円
所管省庁農林水産省
試験実施団体(一社)外国人食品産業技能評価機構
実施期間10/16~10/18

※試験日程の詳細や試験の実施場所の詳細は、(一社)外国人食品産業技能評価機構のHPでご覧いただけます。

その他の業種の技能試験

ここでご紹介した業種以外の技能試験の解説や日程は以下の通りです。

まとめ

特定技能の技能試験は、業種によって開催時期や開催場所などが様々です。この記事でも随時更新していく予定にしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました